スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦の会話が世界を変える

2009年08月06日 08:36

昨日の朝日新聞の夕刊にこんな記事が載ってました。

    素 粒 子 
◎妄想版・熟年夫婦のお話
  「ねえ、ちょっと頼みがあるんだけど。あなた最近暇でしょ。
 行ってもらいたいところがあるのよ。
 私が行けばいいって?
 事情があってダメなの。まして今のボスもね・・・
 でね、あなたが適任なの。
 昔偉かったけど今は暇だし。
 えっ、嫌だって。何言ってるの!
 私、許してないのよ。あなたとあの女の話。
 聞いてるの?ビル!」

--女房に握られた弱みが世界平和のためになるならば歓迎。

という記事なんですが、
妙にツボにはまってしまって、
こんな夫婦の会話ありえなくないな。
なんて思って昨夜のニュース映像を見ていると、
どことなくクリントン元大統領が、
ハツラツとしていないような・・・
今回のことで許してもらえたんだろうか。
これからも事あるごとに、その事が持ち出されるんだろうか。

世界の歴史は、こんな男女の会話で造られてきたんだろうな。

majio


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://magu2001.blog65.fc2.com/tb.php/43-a98d5c4c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。