FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏原宿

2009年11月30日 18:22

都会に用事があり出かけたので、
(都心部には日常行くことはあまりない。)

ちょっと裏原宿といわれるところを散策してみた。
若いころは、竹下通りが若者のメインストリートだった。

そもそも裏原宿といわれている場所がどのへんなのか?
きちんと認識しているわけではないので、
一応、事前学習をしてみた。

なるほど、う~んこの辺りかと確認して行ってみた。
すごい店の数。
ほとんどが洋服屋。
かつてこの辺りはほとんど民家で、たまにポツンと店があったくらいだ。

若者の数は減っているはずなのに,なぜこんなに増殖しているんだろう。
(我が家から一番近い繁華街吉祥寺も増殖をつづけている)
どういう理由なんだ?
東京都の人口もそれほど増えていないはず。

私が認識していた頃の原宿~表参道にかけての店の数は、たぶん倍以上に増えていると思う。

中年世代としては、ワクワクというより目が回ると言った感じで疲れてしまった。

せっかく来たんだし、イルミネーションの季節もちらほら、
最近の表参道をパシャリ

サイズ変更回転P1050933
ビル全体が赤く光るDior

安藤忠雄氏設計の表参道ヒルズ
サイズ変更回転P1050938 

サイズ変更P1050940

中は吹き抜けになっていた。
サイズ変更回転P1050943

カッコイイけど私には違うんです。
居場所ではないと思ってしまう。

それはオッサンだから?
いや違う

majio


コメント

  1. みるきぃ~ | URL | hiiZJbic

    Re: 裏原宿

    先日、私も原宿に行きましたv-255
    竹下通りを歩き、お店を物色・・・v-266
    でも、欲しいもの無~い、早く帰りた~い、、、
    と思ってしまったのは、、、何故でしょうv-16

  2. majio | URL | -

    Re: Re: 裏原宿

    年齢と共に都会は疲れるようになるのよ。
    あんなにいっぱい店なくていいって思います。

    > 先日、私も原宿に行きましたv-255
    > 竹下通りを歩き、お店を物色・・・v-266
    > でも、欲しいもの無~い、早く帰りた~い、、、
    > と思ってしまったのは、、、何故でしょうv-16

  3. YUMI | URL | -

    Re: 裏原宿

    私も娘を連れて東京に行くと
    いつも原宿・竹下通りに連れて行かれます。。。
    入り口の辺りとかは昔とそう変わらないし
    あの通りの中にもまだ昔と同じ店があって嬉しかったりするんですが
    あの場所はいつの時代も若い人の街ですね。
    確かに疲れます。。。

    でもその反面、自分が今の娘よりも
    ちょっと年上だった頃の時代に行ってたお店で
    今年の夏に娘とランチしたんですが
    なんだか不思議な感じがすると同時に嬉しくなりました。

    しかし。。。渋谷・原宿・・・めっちゃ疲れます(>o<")

  4. majio | URL | -

    Re: Re: 裏原宿

    >YUMIさん

    やはり疲れますか。

    刺激的ではあるけど、私にはなくてもいいとも思う。
    都会を離れ自然に回帰することを真剣に考えねば。

  5. 啓三 | URL | -

    Re: 裏原宿

    若かりし頃は庭みたいなものでぶいぶいいわしてらしたくせに~

    年ですっw

    そういう私も全く興味を抱いていないのですが。
    今度、増殖を続ける裏原と吉祥寺について考察を夜中に行いましょう!

  6. majio | URL | -

    Re: Re: 裏原宿

    >啓三さん

    > 若かりし頃は庭みたいなものでぶいぶいいわしてらしたくせに~

    残念ながら、ぶいぶいは言わせてなかったよ

    > 今度、増殖を続ける裏原と吉祥寺について考察を夜中に行いましょう!

    考察するのは歓迎ですが、
    夜中になる頃には、二人ともヤバイ状態になってますから。
    宵の口にしておきましょう。

    majio

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://magu2001.blog65.fc2.com/tb.php/60-bf03ad2d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。